VIOの自己処理はNG!?脱毛サロンの方が良い理由

人に見られるのが恥ずかしい!

といって脱毛サロンに行かず

自分でVIOを処理しているって方、

多いのではないでしょうか。

でも、VIOを自己処理すると、

いろんな肌トラブルを起こすことがあるんです。

抜くと毛嚢炎になる

VIOの毛を処理するのに毛抜きでやる、

というツワモノがいますが、

最もNG・デメリットしかない方法です。

(ブラジリアンワックスも同様)

毛抜き

毛抜きで抜くと、

  • 埋没毛ができる
  • 毛穴が開いて肌の表面がブツブツ汚く見える
  • 炎症を起こして赤く腫れる

と、さまざまな肌トラブルがおきます。

そして、最悪、毛嚢炎(もうのうえん)になります。

毛嚢炎とは

「毛嚢」とは、

毛根を包んでいる上皮組織のことを指します。

その上皮組織が炎症を起こしてしまうのが、毛嚢炎です。

症状としては、

ニキビに似たブツブツができて、かゆくなります。

毛を抜くことで毛穴にウイルス(ばい菌)が侵入し、

かぶれてしまってその結果

炎症を引き起こしてしまうのです。

カミソリだと切ってしまってばい菌が入る!?

毛を抜くのと同様に、

カミソリで剃った場合も

毛穴にばい菌が侵入しやすい肌状態になってしまっている、といえます。

カミソリ

カミソリで毛を剃ると、

肌の角質までそぎ落としてしまいます。

角質層を削ぐ、ということは

肌の表面に細かい傷ができているので

肌がヒリヒリしたり、

痛みや赤みが出てしまうことがあります。

そうなると、

「ブドウ球菌」や「緑膿菌」のような

雑菌が侵入しやすくなり、

毛嚢炎を発症してしまいます。

また、肌が傷ついているので

肌を守ろうと皮膚が厚くなります。

すると肌質が硬くなったりすることで

肌を紫外線から守ろうと、黒ずみが増えます。

除毛クリームや脱色剤は肌をも溶かす!?

除毛クリームや脱色剤は

アルカリ性の薬剤が含まれていて、

その薬剤が毛のタンパク質を溶かして、

結果毛がなくなる仕組みになっています。

しかし、肌自体もタンパク質でできているため、

毛を溶かすということは

肌をも溶かしていることになります。

溶かすって聞いただけで危ないな、と思いますが、

デリケートゾーンや顔に使うのはもってのほかです。

結果、サロンやクリニックでの脱毛が一番

ここまでいろんなリスクを見てきたら、

恥ずかしいなんて言ってる場合じゃないと

ご理解いただけるのではないでしょうか。

人に見られたくないから、

といって自己処理してたら肌トラブルを起こして

結果的に皮膚科を受診するはめになったら、

元も子のないと思います。

人に見せる機会なんてない、と思っていても、

意外と人に見られる場面がでてきます。

温泉は鉄板ですが、盲点なのが病院です。

診察

不妊治療を受けたくて

産婦人科に通う場合や、出産のとき、

またはちょっと腫瘍をとるために

腹腔鏡手術を受けるときです。

特に腹腔鏡手術を受けるときには

予めデリケートゾーンの自己処理が必要ですし、

ちゃんと処理されているか、チェックされます。

結婚や出産は自分でしないと決められますが、

病気はそうはいきません。

正直、一生デリケートゾーンを

第三者に見られないようにするのは難しいと思います。

未処理の状態や、自己処理が足りずに

中途半端な状態を見られるより、

脱毛の前日にちゃんと処理できた状態を

サロンの人に見られる方が、まだましです。

脱毛サロンでは、

プロが良い意味で淡々と作業をしてくれるので

まじまじ見られることもなく、

嫌な気分には全くなりません。

産婦人科では

(特に不妊治療や生理についての診断の際)

内部からエコー検査することが多いです。

足を広げたまま仰向けで

寝ているような状態で超音波検査器をつっこまれるので、

脱毛サロンでの施術状態より

恥ずかしい格好で検査を受けます。

内部エコー

実際体験しましたが、

恥ずかしいし痛いし、気が落ち着かず

一刻もはやく検査が終わってほしいと願いましたね(^_^;)

このときに、

予め脱毛しておけば良かったなぁと心底後悔しました。

それに比べたら、

脱毛サロンの方が数倍も気が楽です。

ちゃんと恥ずかしくないように

片足ずつやってくれます。

クリニックも良いですが、

サロンに比べてかなり痛いらしいので、

まずはサロンで脱毛してみて、

もっと効果がほしいと思ったら

クリニックに変えるのがおすすめです。

わたしは脱毛サロンでも

十分な効果が得られたので、満足してます。

VIOの自己処理はやめて、

脱毛サロンに通って

ゆくゆくは処理のいらない

快適な生活を手に入れましょう!

ミュゼのお得なキャンペーンを見てみる